特殊な塗装技術で、どんな素材も美しい木目模様に仕上げます。

大成塗装電機製作所

塗装の種類

TOP > 塗装の種類

塗装の種類

弊社では”木目塗装”、”粉体塗装”、”金属焼付塗装”、”特殊塗装”と、
大きく4種類の塗装技術を設けております。
用途に合わせた風合いや耐久性、さらに数量、価格に応じた様々な塗装をご提案いたします。

各種塗装

木目塗装

弊社の特許取得技術で、金属をはじめ、塩化ビニールやプラスチックなど様々な素材を好みの木目調にすることができます。木目のダイノックシートなどとは違い、耐摩摩耗性、耐熱性に優れており、キズがついても再塗装することができます。

「木目塗装」は弊社が長年培ってきた高い技術力をもとに、他社に先駆け開発した特許取得の特殊な塗装技術です。平成15年特許取得以降、繊細かつ風合いのある木目の表現は、お客様に長く愛され続けております。

粉体塗装

ウレタン樹脂塗装のようにあらかじめ溶剤で溶いた塗料を使用せず、専用の塗料を粉状のまま静電気を利用して素材にまとわせ、約180℃の高温で溶かしてコーティングする塗装方法です。”パウダーコート”とも呼ばれます。

・下塗り不要のため、塗装工程が少なく短時間で仕上がる。
・まわり込みの細かな塗装ができ、ムラなく綺麗に仕上がる。
・膜厚で柔軟性に富み、耐久性、耐熱性に優れている。
・コストを抑えた提案ができる。

金属焼付塗装

さまざまな金属への塗装が可能で、”メラミン樹脂焼付塗装”、”アクリル樹脂焼付塗装”の2種に大別されます。工業製品からアクセサリーまで幅広い塗装が可能で、製品を保護したり装飾性を高めたいときなど、一般的に施される塗装です。

特殊塗装

金属製品がサビた風合いを持たせてアンティーク調にしたり、鉄を青銅風、レンガ風、大理石風にしたりと異素材の雰囲気を持たせる塗装です。職人の知識と技術を活かした塗装で木目塗装も特殊塗装の一種と言えます。どんな素材にもお好みの塗装が施せるよう、技術向上に努めております。

PAGETOP